坂上&指原のつぶれない店!アイリスオーヤマのロボットと8ミリフィルム専門店




今日3月24日の夜7時から放送の

坂上&指原のつぶれない店☆超便利「なるほど商品」で絶好調!アイリスオーヤマSP

について、速報でお伝えしていきます。

我が家の引き出しもアイリスオーヤマなのですが、

今回紹介されるアイリスオーヤマの工場で引き出しを作っているロボット

かなり人間に近い繊細な動きをしているようなので、見るのがとっても楽しみです!

もう1つの店は、8ミリフィルムの専門店を取材ということで

昔の映像を見て感動してしまうかもしれません。

スポンサードリンク

1予告動画と放送内容は?

予告動画はこちらです。

2アイリスオーヤマの商品は?

年間4750億円を売り上げるアイリスオーヤマ。

3年後には売り上げが1兆円を超えると言われています。

ただ、何のメーカーか、あんまりはっきりしないんですよね。

ヒロミやギャル曽根も、坂上忍も、

「多分、家にあると思うけど、「どれがアイリスオーヤマ?」と言われると、

はっきりしない。」と話します。

そう、名前は聞くけど、実はよく知らないアイリスオーヤマ

きっとあなたの家にもあるはず・・・!

透明の引き出しを開発したアイリスオーヤマは、累計100億台超えの大ヒット。

カラーボックスは1000万台以上の大ヒット。

ペット用品、家具や寝具、LED電球は5000万個のヒット。

さらに、セブンイレブンに行けば、お米までアイリスオーヤマ。

ローソン、ファミマなど35000店舗でお米を販売。

学校では机と椅子、さらに人工芝までアイリスオーヤマ。

お父さんが休日にせっせと通うゴルフ練習場の人工芝もアイリスオーヤマ。

さらに、人間さながらの細やかな動きをするロボット登場。

今日は、人気の秘密を徹底解説します。

3アイリスオーヤマの歴史は?

もともとは、プラスチック製品の下請け工場でした。

19才の時に現会長の大山健太郎さんが引き継ぎました。

そこから大躍進を遂げて今に至ります。

スポンサードリンク

4アイリスオーヤマ躍進のキーワードは

キーワードは、「なるほど」。

思わずなるほどといってしまう商品を開発しているんです。

まずは、透明のカラーボックス開発秘話をご紹介します。

昔の収納ケースは中に何が入っているかわからなかったのですが、

大山会長が、朝早く釣りに行こうとしたら寒かった。

そこで、セーターを着たかったが、奥さんは寝ているので自分で探すことにした。

箱から探しても出てこない。結局最後の箱に入っていました。

探すのに時間がかかって困った体験をした大山会長は、

きっと、他の人も困っていると思って、透明のカラーボックスを開発したんだそうです。

「しまう発想から探す発想へ」発想の転換がカラーボックスを生み出しました。

大山会長「世界を変えたのが当社です。」と堂々の一言。

現在は、アメリカにもヨーロッパにも工場があるのだそうです。

製品を透明にするには、高い技術が必要です。

町工場の技術を自社製品に生かしたアイリスオーヤマなのでした。

続いて、なるほど家電のトップ5!

1スティッククリーナー

10万台売り上げた商品。1.4kgと軽量。

21810円と他社と比べて安いです。

ポイントは、モップが付いていること。

モップといえば、ついたホコリで悩みがありますよね。

そう、ホコリを取るのが面倒くさいのですが、

このアイリスオーヤマの掃除機の充電スタンドについている穴にモップを入れると

何とモップの汚れが取れて真っ白になります。

掃除機を充電しながら、厄介なホコリが簡単に取れます。

スポンサードリンク

2ホットプレート

アイリスオーヤマは、焼きすぎや温度調節の悩みを解消するため、

ホットプレートを2枚にしました。

それぞれ温度調節が可能なので、一方を焼きにもう一方を保温にすることができます。

折りたたんで隙間に立てて収納できます。

12800円です。

3炊飯器

炊飯器の販売台数は10万台の大ヒット。

炊飯器の水を入れると、目盛りが減っていき、適量になると知らせてくれるなるほどな商品です。

この炊飯器は、お茶碗にご飯をよそうと、よそったご飯のカロリーを計量してくれます。

実はこの炊飯器、上下に分離します。

実は下部はIHヒーターなのです。お値段は2万円ちょっとです。

4布団クリーナー

ランプが付いて、吸い込めたかどうか教えてくれる

ふとんクリーナーです。

5布団乾燥機からリエ

100万台を突破したカラリエは、ノズルの先端が開く!

これでふとんを支えるので、マットなしでもふとん全体に温風が出ます。

靴を2足同時に乾燥させることもできるんです。

スポンサードリンク

5バカ売れ!なるほど日用品トップ3は?

1室内用物干し

窓枠に物干しをつけることができます。

2猫のトイレ

上から猫トイレは、猫の砂が飛び散らないトイレです。

3トイレスムース

お通じが良くなるトイレに置く台です。

良純さんが実演します。踏ん張れるんだそう。

アイリスオーヤマのすごいところは、

消費者が欲しいものを生み出しているところです。

その秘密は、開発部員にありました。

何と、開発部員が自宅でライバルメーカーの商品を使い倒しています。

開発部員は元シャープの人。

この方は、スマートホンで操作できるエアコン。Wifi内蔵です。

エアコンは8万円台と、大手の半額です。

元三洋電機の犬飼さんは、IHヒーターを開発。両側に操作ボタンがあるから

2人で食べる時に両方から操作できるんです。

東芝にいた鈴木さんや元パナソニックの方など元大手家電メーカー出身。

2012年に大手家電メーカーの大規模なリストラが行われました。

その際にチャンスと考えて、技術者を雇用しました。

関西系の大手家電メーカーがリストラにあったので、

仙台に拠点があったアイリスオーヤマは、大阪にビルを作りました。

スポンサードリンク

6ロボットが活躍

アイリスオーヤマでは、工場で人件費を引き算して

コストを軽減しています。

広い工場には、たった一人の人間がいるだけであとは

引き出しは、ロボット1号が外枠を作ります。

2号が、引き出しを入れていきます。

ロボット3号は力持ちで、ダンボールに入った引き出しを積み上げていきます。

2000台のロボットが活躍しているんですって。

その他、コスト削減のために、ネジを自社工場で作ったり

無駄な家電の機能をなくして販売しています。

家電では、TVのインターネット機能をやめたり、

ドラム洗濯機の乾燥機能を省きました。

アイリスオーヤマでは商品を内製化しているから

低価格で様々な商品を販売できるんです。

LEDと人工芝の窓口がセットというのは、グラウンドを作る側から

すれば、とってもありがたいですよね。

7 8ミリフィルム専門店

消えた8ミリフィルムを復活させ年商7千万円のつぶれない店が登場します。

8ミリのレトロ通販さんは、アジア内で唯一の現像機をもつお店。

お客さんが入店しました。竹吉まさのりさんです。

竹吉さんはネットでこの店を見つけて来店しました。

お父様が戦前に撮影した8ミリフィルムを見ようということで

依頼をしました。

昭和11年の撮影映像を取材スタッフも見せてもらうことになりました。

一体どのような映像が出てくるのでしょうか。

スクリーンに映し出されたのは80年以上前の上野動物園です。

当時は動物園は、子供達の憧れの場所でした。

子供達に見せることを念頭に置いて撮影されている映像です。

お父様の几帳面さが出ていました。

スポンサードリンク
実は、新品の8ミリフィルムを販売しているお店。

8ミリフィルム製造機を持っている神山社長。

市販の35ミリフィルムをセット。フィルムに穴をあけ、3つにカット。

それぞれ3つのレールに入れると完成。レトロエックスという商品です。

これがきっかけで8ミリフィルムの文化が戻ってきています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする