未分類

安倍首相が辞意を正式表明!なぜ今のタイミングで表明?総裁選は?

8月28日17:00からの会見で
安倍首相が辞意を正式表明しました。

辞意を示しつつも、
「次の総理任命までは責任を果たす」
との意思を発表しました。

その上で、記者からの質問に対し
安倍首相が答えました。

気になるのは辞意のタイミングが
なぜ今になったのか?と言うことです。
それでは詳しく確認していきましょう。

スポンサードリンク

安倍首相が辞意を正式表明!なぜ今のタイミングで表明?

安倍首相が抱えている持病の
潰瘍性大腸炎は、完治する
ものではありません。

治療を重ねながら首相の地位に
ついて仕事をしてきました。

しかし、持病が悪化してきたこと
そして治療は効いたものの今後
コロナ渦中において政治的空白
を作らないために、次の総裁選
を考えると今のタイミングしか
なかったのです。

私は、任務を放り出したと言う
批判をするつもりがありません。

健康管理をしながら
任務を遂行し続けていたことが
すごいと思います。
スポンサードリンク

治療を続けながら続投する選択肢はなかったか?

「指定難病の潰瘍性大腸炎を持病として
持っている安倍首相は、これまでの
治療に加えて点滴をしてきました。

内服薬での治療が効き目があったが
コロナ渦において政治的空白を
生み出さないために、辞意の
判断に至りました。」

と説明しました。

いつ辞意を判断したか?

先週と今週の結果を元に判断しました。

スポンサードリンク

任期途中での辞意で「放り出したとの批判」については?

任期途中なので、
「ご批判は受け止めなければいけない」
と話しました。

次の総裁選を考えると
このタイミングしかなかったと
言います。

総裁選は?次期首相の選出方法は?意中の後継者は?

総裁選での次期首相の選出方法については

次期首相の選出方法や意中の後継者は、
「私から申し上げるものではない」

と言い名前を上げることは
ありませんでした。

総理総裁に必要な資質は

しっかりとしたビジョンと
責任感と情熱が必要です。

至らない点もあったが
多くの人に支えられてここまで来た。
チーム力も大切だと思います。

コロナ渦においては、政治が
安定していることがまずは
必須です。

その上で、政府に信頼を
おけることが必要になっていきます。

次の首相がしっかりと決まって
今後の日本での生活が安定したものに
なっていくと良いなと思います。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。